GAINSKYが利益を生む仕組み(手数料収入)

CRの原資についてです。

運用実績のページにもありますが、
CR=Campaign Rebate(キャンペーンリベート)の原資は、証券会社からの手数料の割戻しです。

利率は運用金額によって固定です。

自分の運用金額が、

1,000ドル〜4,999ドル:2.5%
5,000ドル〜9,999ドル: 2.75%
10,000ドル〜49,999ドル:3%
50,000ドル〜99,999ドル:3.25%
100,000ドル〜499,999ドル:3.5%
500,000ドル以上:3.75%

と固定です。(Dチームは+1%)

.

GAINSKY社は、REGAL CORE MARKETSという証券会社(取引所)と業務提携をしています。

REGAL CORE MARKETSは、A-bookの取引所です。トレードごとに発生する取引手数料が収入源です。

顧客がたくさんトレードをすればするほど、REGAL CORE MARKETSには手数料が入ります。

その手数料の一部を、GAINSKY社に還元しています。

.

①GAINSKY社はマーケティング活動をして顧客を集めます。

②顧客はREGAL CORE MARKETSの口座を利用して、GAINSKYの運用をはじめます。

③REGAL CORE MARKETSはGAINSKY社に、お客さんを連れてきてくれてありがとう、ということで利益である手数料の一部を還元しています。

.

.

具体的には、10,000ドルの取引が一度行われるたびに25ドルがGAINSKY社に支払われます。

そしてその25ドルの内の15ドルがGAINSKY社に、10ドルが顧客に分配されます。

ただし顧客に10ドルが入るのは1回目〜35回目の取引までです。36回目以降は全てGAINSKY社に入ります。

.

GAINSKY社は、10,000ドル100回の取引で、2,150ドルをREGAL CORE MARKETSより得ています。

取引による純粋な利益とは別に、手数料分が2,150ドル入ってくるということです。

GAINSKY社が手数料収入で儲かっていることがわかります。

アフィリエイト報酬

GAINSKY社が得た手数料収入は、紹介報酬としてユーザーに還元してくれています。

一般的によくある友達紹介キャンペーンのような、紹介してくれてありがとう、と会社が紹介者にポイントなどで還元してくれるイメージです。

報酬は2つあります。

直紹介ボーナス(RP)と、グループボーナス(TDP)です。

RPとTDPは、毎週日曜日にまとめて算出され、早朝に口座へ反映されます。

.

<直紹介ボーナス(RP)>

.

20日間の運用が行われるたびに、Bさんが得た利益の50%が直紹介ボーナスとしてAさんに入ります。

.

そしてもうひとつ、グループボーナスがあります。

グループボーナスは、自分の投資金額によって報酬が変わります。

<グループボーナス(TDP)>

.

左の列のレベルの、1は直接自分が紹介した人です。2は直紹介者の、紹介者です。3はさらにその紹介、という具合に深さを表しています。

例えば自分の投資金額が100,000ドルだとすると、

まず、直接紹介した人1の利益の50%

2-3レベルの人の利益の20%

4レベルの人の利益の10%

5-8レベルの人の利益の5%

9-12レベルの人の利益の2%

13-25レベルの人の利益の1%

が得られるということです。(※9-25レベルは、一定の条件をクリアしたタイトル保持者のみの報酬)
.

こんなに払い出してGAINSKY社の経営は大丈夫なのでしょうか。

ということで、最大の25レベルまで払ったとして計算をしてみます。

1レベル:直紹介ボーナス(RP)50%とグループボーナス(TDP)50%で100%なので、

600ドル

2-3レベル:各20%なので、120ドル×2=240ドル

4レベル:10%なので60ドル

5-8レベル:各5%なので、30ドル×4=120ドル

9-12レベル:各2%なので、12ドル×4=48ドル

13-25レベル:各1%なので、6ドル×13=78ドル

全部足すと、600+240+60+120+48+78=1,146ドル

GAINSKY社は、10,000ドル100回の取引で、2,150ドルをREGAL CORE MARKETSより得ていますが、2,150ドルから1,146ドルをTDPで払ったとしても、まだ1,004ドル手元に残っていることになります。

.

以上のことから、GAINSKY社のビジネスは安心して参加できると思いました。